東京都

赤塚 不動の滝in東京(板橋)

東京にも大仏があることを、私は最近まで知りませんでした。

P1010173_2

板橋区赤塚にある乗蓮寺の東京大仏

この周辺の赤塚の崖線の下には、今も湧き水がしみ出ており、

つれあいが幼少の頃に育った場所だということで、

訪ねてみることにしました。

久しぶりということなので、案内板が頼りです。

P1010172

P1010168_2

ありました。ここです。

P1010166

樋をつたって一筋に落ちる小さな滝が。

P1010159_2   

確かに水量は少ないのですが、歴史は古く江戸時代に

旅に出る人が身を清めるための禊ぎ場だったといわれて

います。

道路脇の崖下にあり、滝の上には中世の赤塚城主千葉氏

によって祀られたという不動尊が見守っています。

P1010163

今も地域の方々に大事に守られていることがわかります。

P1010165

道路の向こうからこの場所を見ると、後ろに続く階段の向こうは

緑がこんもりとしています。

なんだか、沖縄本島の旧知念村あたりの村ガーを思い出しました。

沖縄でよく見かけるくばに似ています。沖縄ではくばの葉は、神様

が降りてくる「はしご」だと言われており、神様のいらっしゃる場所に

はよく植えられているのをみかけます。

水のあるところには、緑があり、そこには神様がいらっしゃる。

これは万国共通で、きっとここにも神様がいらっしゃるのでしょう。

そのような雰囲気があります。

P1010167

もう一度、案内板に戻ります。

いかなる時も枯れずに湧き続ける水。

東京にもこんなふうに、ひっそりと湧き水を守っている

場所を知り、静かな感動に浸りました。

近くには、板橋区美術館があります。

今は残念ながら終了しましたが、『ボローニャ国際絵本原画展』

が行われていました。

とてもステキな展覧会でした。

カフェも併設されているので、ひと休みするのにいい場所です。

美術館のグッズコーナーも旅の楽しみのひとつ。

こんなにかわいい絵本やカードをお土産に買いました。

Photo

余談ですが、面白いことが。

美術館に行こうかと思い、独り言のように

「美術館どこかなぁ?」

とつぶやいたところ、たまたま側に居合わせた

初老の紳士が、親切に道案内をしてくれました。

暑さの中、ここまで連れてきてくださったことに感謝して

丁重に礼を述べると、その方はなんと中まで案内して下さり

「トイレはあそこだよ。2階に行くにはエレベーターがいい。

エレベーターはあそこだから」

と、まるで子どもを引率してきた先生のような振る舞いに

思わず笑ってしまいました。

とりあえず案内されたトイレに入って汗をぬぐい、

出たときに表にいたらどうしよう?

などと、思ったりもしたのですが、トイレから出ると

その方の姿はありませんでした。

もしかして、神様?

| | コメント (0)

お茶の水in東京(井の頭)

中央線に乗り、吉祥寺駅で下車。

丸井の脇をぬけると、そこはもう緑いっぱいの井の頭公園。

P1010111

ここは日本初の郊外公園として1917年に開園。

武蔵野市と三鷹市の間に位置し、総面積は38万平米。

一万本以上の樹木を潤す井の頭池は、まさに都会のオアシス。

P1010112

「井の頭池」は徳川家康の命名。

「井」の「頭」というくらいなので、きっと湧き出す水の源が

あるのでは?と思い探してみると、ありました!!

P1010118

その名も『お茶の水』

P1010119

残念ながら、今は汲むことも近寄ることもできず、指をくわえて

みるだけ。。。

P1010121

あきらめきれず、反対側からまわってみましたが、

やはりここまで。

P1010124

仕方がないので我がデジカメの腕の見せ所、10倍ズームでとってみると

P1010125

美しく清らかな水の流れを見ることができました。やや満足。

P1010122

流れ落ちるその水は、広大な井の頭池に注いでいます。

P1010123

このような取り組みも行われていました。

現代社会において、清水を保護することは大きな仕事です。

私も応援します!!

せっかくなのでお散歩していると、藤棚の下にすてきなベンチが。

P1010113

年配のカップルが仲良く腰掛けていました。

P1010114

なるべくじゃましないよう、そぉっと隣のベンチに腰をおろしてみます。

P1010116

のどかな水面を眺めていると心も身体も休まります。

ベンチの背もたれには『思い出ベンチ』と書かれた

プレートに名前と日付が刻まれていました。

P1010115

おふたりはここでこの風景を見ながら

いろんなことを語り合ったのでしょうか。。。

池のほとりにある無数のベンチには、バ○ップルと呼びたく

なるような日中から人目もはばからず、熱いラブシーンを

くりひろげている若い人たちの姿も目にしましたが、

このベンチには、どちらかといえば

映画『黄昏』にでてくるような円熟の

カップルが似合うような気がします。

私ももう少し大人になったら、2人で腰掛けてみたいです。

P1010117

もうしばらく池のほとりを散歩して、

P1010127

入り口近くの木陰のベンチに腰を下ろし、

冷たいソフトクリームを食べました。

次に来るときは、さらに奥にあるという

玉川上水やジブリの森に出かけてトトロにあってみたいです。

(公園のベンチに腰掛けるのは、まだ、もう少し先になりそうです。)

| | コメント (0)

お鷹の道・真姿の池湧水群in東京(国分寺)

国分寺駅から徒歩4分ほどの所にある『殿ヶ谷戸庭園』(前ページ参照)

の脇を通り、北へ1.5キロほど歩いたところに全国名水百選として知られる

『お鷹の道・真姿の池湧水群』があります。

その途中、休憩した『萬葉堂茶舗』の側にある「不動の橋」がかかる

「野川」周辺も風情がありました。

P1010061

国分寺から小金井、三鷹、調布、狛江を経て世田谷に至る

15m未満の崖線は「国分寺崖線」と呼ばれ、その湧水を

合わせて流れるのがこの「野川」です。

P1010062

野川は、昭和40年代には、ドブ川と化し、その後、行政や

地域住民の努力によって、現在はオイカワが泳ぐまでに

復活したのだそうです。

目的地をめざし、住宅地の中を歩いていると、昔から人々が

親しんでいる水辺に出会います。

P1010072

P1010071_2

東京でもこんな風景に出会えるなんて!!

ちょと驚きです。

そして、このような手書きの看板も。

P1010070

地域の方々が自分たちの手で大切に水辺を守っている

気持ちがひしひしと伝わります。

P1010065

所々に無人の売店があるのもきっと新鮮な水と空気の

おかげなのでは。

P1010069

枝豆、美味しそう。

手書きのイラストもキュートです。

P1010066

見かけたのは、ゴーヤーのカーテン。

P1010080

ベリーのカーテンも愛らしい。

P1010067

ついに来ました。

『お鷹の道』

この道は江戸時代にこの付近が尾張徳川家の御鷹場、

鷹狩りの道だったことから今もその名で呼び親しまれています。

P1010076

こんなふうに水の流れにそって散歩道が続いています。

P1010075

水の近くまで降りていく段や橋が架かっている所もあり、

今も人の暮らしと共存していることがわかります。

P1010082

かつては、ここで洗い物をする人の姿があったのでしょうか。

P1010083

竹林も涼しげ。

P1010086

段々と水が澄み、手に感じる水も冷たくなり、水源に近づいて

きたことを感じます。

P1010087

いよいよです。

P1010090

おっ、両手に水の入ったポリタンクを持つ人、発見!!

P1010091

ここでも野菜が売られています。

P1010092

家並みも風情があります。

P1010093

ついに到達!

P1010097

冷たい水でした!!

P1010101

ここから水が湧いているのが見えます。

P1010102

上から見るとこのように。

P1010103

水辺と町並みがみごとに調和したとても落ち着く場所です。

P1010099

水汲み場の小道向こうにあるのが真姿(ますがた)の池

P1010096_2

名前の由来は、平安時代、玉造小町が池の水で身を清めた

ところ病が癒えたという伝説によるものだということです。

P1010100

池の側には小さな祠がありました。

階段をのぼっていくと緑が美しい公園がありました。

P1010104

おとぎのくにから、現世にもどってきたような浦島太郎の

気分です。

公園の向かいにあるバス停から、国分寺駅までもどり

昼食をとりました。

P1010110

シンガー 中山ラビさんが店主の『ほんやら洞』

P1010107

窓越しにみるみどりも、気持ちをほっとさせてくれます。

P1010109

本格的なカレーが美味しいと評判だったので頂きました。

はっきり言って「メチャ辛」です。

でも、辛くても次に行きたくなる。

評判通り、スパイスの効いた美味しいカレーでしたよ。

国分寺の旅はわずか半日という超スピードでしたが、

今度訪れるときには、また、ゆっくりまわりたいです。

| | コメント (0)

殿ヶ谷庭園in東京(国分寺)

  なにげなく入った本屋さんでみつけた「半額のワゴンセール」

P1010183

ぱらぱらと中をめくると。。。

P1010185

これはもう「買い」でした。

それから、1ヶ月後。。。

家族の所用があり

私は

P1010030

中央線に乗っていました!

思いがあると、通ずるのです!!

向かった先は、『国分寺』

P1010033

まずは、駅から徒歩4分(200㍍)の所にある

『殿ヶ谷戸庭園』へ

P1010040_2 

武蔵野の自然の地形を利用した回遊式林泉庭園

P1010043

ここは東京の名水57選のひとつ

P1010042_2

今も豊富な水量は、園内の次郎弁太池に注いでいます。

P1010038_2

竹林をとおる風の音も涼やかに

P1010048_2

はぎのトンネル

P1010053

木漏れ日のベンチ

P1010054

記録的な猛暑も、ここは別世界

P1010049

こんなにも緑が美しいのは、やっぱり水の恵みのおかげ

P1010050

国分寺崖線の南の縁にあり、自然植生も良好な状態で

保存されているため、むかしから武蔵野に自生していた

野草や昆虫など、小さな生き物たちが数多く見られる

東京でも貴重な場所です。

この庭園は大正時代に満鉄の副総裁 江口定篠氏が

別邸として設けたようですが、昭和に入ってからは、

三菱財閥の岩崎彦弥太氏が買い取り、整備され完成

させ昭和49年まで東京都が買収するまで、岩崎氏の

別邸として利用されていたものなのだそうです。

龍馬伝でもおなじみの岩崎弥太郎の子孫が

管理していた庭園なのだと思うと、また、興味深く

見ることができました。

財の力で、これほどの自然や文化を保存できたことは

とても素晴らしいことだと思います。

どうか、お金持ちの皆様、大事なものを未来に伝えるために

これからもご尽力よろしくお願いします。

ガイドブックによると、庭園から数分歩いたところに

ひと休みできるお茶屋さんがあるという情報が。

喫茶が始まる10時半頃にちょうど立ち寄ることが

できました。

不動橋のたもとにある『萬葉堂茶舗』

P1010060_2

玉露の冷茶にひんやりとした和菓子、

季節の朝顔の懐紙の横には、さりげなく金平糖がそえられていました。

P1010055

冷やしたお茶に金平糖がとても美味!!

P1010059

お手洗いをお借りしたら、小さなこれまた素敵な額に出会いました。

のども心も潤してくれる国分寺の水の旅。

次回に続きます。

| | コメント (0)

帝釈天の湧き水in東京(柴又)

「私、生まれも育ちも葛飾柴又です、帝釈天(たいしゃくてん)で産湯をつかい、姓は車、名は寅次郎、人呼んで、フーテンの寅と発します。チャーチャララララ~♪」

実際に寅さんを見たことのない方でも、この有名な口上を記憶されている方は多いと思います。

今回、その寅さんがつかった産湯とされる葛飾区柴又にある『帝釈天の御神水』を訪ねてきました。

京成金町線「柴又駅」で出迎えてくれたのはやはり『寅さん』

P1010003

町を歩く人も上着を肩にかけて歩く「なりきり寅さん」がいたりして楽しかったです。

少し歩くとこんなものが。。。

P1010004

私、実は「寅さん」、ウィーン編しか見たことがないのです。

でも、そんな私でも、寅さんの有名なセリフのひとつやふたつ

聞いたことがあるのですから、やはり日本人にとって寅さんは

心の故郷のような存在なのかもしれません。

寅さんのウィーンの旅、とても楽しめましたよ!!

普段「人情物」をあまりご覧にならない方にもちょっぴり

おススメします。

P1010005

路地にも水と緑が潤いを与えています。

P1010007

月曜日の午前中、早い時間に訪れたので、写真撮影は遠慮なくできました。

帝釈天参道の名物は、草団子、塩せんべい、くずもち、佃煮など。

こちらはあとでゆっくりと頂くことにいたしましょう。

開店もこれからという参道をゆっくり歩いていると

P1010009

猫、発見!!

後ろの看板のレトロ感がぴったりの和の風情が漂っています。

つれあいが思わず撫でようと触れてみると

P1010010

きゃー連れてかないで~。

そっとしてあげたほうがよさそうです。

P1010011

着きました。ここがあの有名な『柴又帝釈天』

お寺の名前は正式には『日蓮宗題経寺』というそうです。

江戸時代寛永年間に、日栄上人が「瑞龍の松」と呼ばれる松の根元から湧きだしている水を発見し、その水がきっかけとなり日栄上人はその地に後の題経寺のもとを開くことになったとされています。

境内に入ると左手にその『御神水』がありました。

P1010012

江戸時代から人々はこの水を飲み健康を祈念してきたのだそうです。

備え付けの柄杓を使ってひとくち飲んでみるとまず意外だったのは、冷たさ!!

P1010022

ペットボトルに汲んでみると、キンキンに冷えた水のように白く曇ります。

味もまちがいなく天然の水。

P1010015

ペットボトルにお水を汲んでいた60代くらいの女性の方に

お話しを伺いました。

「私は江戸川から仕事でここに時々くるのだけど、

帰る時には必ず汲んで帰るのよ。

この水は鉄分が含まれていてとてもいい水よ。

温度も一定で冷たいよ。

周りの人もよく汲みに来るのよ。

家に帰ったらまずは神棚にお供えして私もこの水を飲んでいる。

健康にとてもいいんだから」

と、慣れた手つきで2リットル入りのペットボトル3本を

買い物用のカートに入れて去っていきました。

せっかくなので、近くにある「矢切の渡し」までお散歩

P1010017

あいにくこの日はお休みで渡してもらうことはできませんでしたが、

ペットボトルに汲んだまだ冷たい『御神水』を飲みながら、川面を眺めてひと休み。

東京にもこんなに静かな風景があるのかと再発見です。

せっかくの御水神をすっかり飲んでしまったので、

もう一度水を汲もうと帝釈天までもどると

「あれ??」

P1010021

御神水の後ろにある拝所には、なぜかパック入りの『卵』が

お供えされているではありませんか!!

沖縄でも、湧き水の後ろには、必ずといっていいほど、

神様を拝む場所があり、やはりその文化はどこも

同じなのだなぁと思ったのですが、お供え物が『卵』

というのには、驚きました。

よく見ると上にはこんな置物がいっぱい。

P1010020

なんだか縁起がよさそう。

ペットボトルにお水をくみ直し、帝釈天を後にしました。

さて、せっかくなのでどこかでひとやすみ。

P1010026

寅さんのロケが行われていたというお店で名物『草団子」を頂きます。

P1010025

やわらかいお餅にあんこが素朴ながらもとてもよいお味です。

先ほど、お水を汲んでいた女性の方がおっしゃるには、

『御神水』で草団子を作っているところもあるというお話し

を思い出して聞いてみたのですが、残念ながら違うお店だ

ったようです。

でも、このお店は寅さんファンにはきっとたまらないはずです。

P1010023

ポスターがいっぱい。

P1010024

せめて地元が舞台となったこの作品、今度、見てみようと

思います。

再び参道を歩いてると

P1010027

冷やしキュウリ

P1010028

夏バテ予防に一本頂きました。

あれから4日後、沖縄にもどり『御神水』は我が家で

コーヒーに生まれ変わりました。

Photo

まろやかでとてもいいお味でした。

追伸:こんな記事をみつけました。

 【湧き水の由来】

 360年前、今の境内にある「瑞龍の松」の根元からこんこんと湧き出る水を、経栄山2世日栄上人が発見し、ここに庵を作ったのが始まり。以来、一度も涸れることなく今でも湧き出ている。

【アドバイス】
 
ポリタンク可。時間は午前5時半~夜8時まで平日でも、朝と夜は行列がで きるので、日中がお薦め

| | コメント (0)

谷根千でお散歩in東京

JR山の手線でいくと、上野、鶯谷、日暮里いずれかで下車。
少し歩いてみると 谷中、根津、千駄木と昔ながらのたたずまいを残すとてもいい街がある。
この地域は通称『谷根千』と呼ばれ、穴場的な人気スポットとして知られているようだ。

『町のアーカイヴス ベスト・オブ・谷根千』より引用↓

(私たちの街には東京には珍しい自然ー樹々やお鳥や風と、戦災、地震に耐えた建築物、史跡、そして形にはならない暮らしぶり、手の芸、人情がたっぷりと残っております。)

去年、はじめてこの街並みに足を踏み入れてはまってしまった。
テレビで谷中を舞台にしたドラマを見ていると、「おっ!」と目をひく場面があった。

東京のど真ん中にもこんな井戸があるのか。。。

つれあいは天才的ともいえる「土地勘」があり、テレビの一瞬のそのシーンと、地図、インターネットの情報を駆使して、この場を探し出した。(本人いわく、こんなのちょちょいのちょいだそうだ。)

後をついて行くと。。。
P1010010
あった!!
P1010007

個人所有の井戸らしいので、写真を2,3枚とらせて頂いただけだったが、今でも雑用水あたりに使われているような雰囲気があった。

近くの公園で見つけた案内にはこのようなことが書かれていた。
P1010006
古くはやはり水の町だ。

P1010017
根津に向かうと、染物屋さんを見つける。
かつてはこの店の前には藍染川という川が流れ、そこで染め物をしていたのだという。

地名(川の名称も)から、かつてのその土地の暮らしぶりがわかることがあり大変興味深い。

P1010018
歩いているとお腹がすく。
美味しいと評判の芋甚の「アイス最中」を頂く。
P1010019
小倉とバニラ、それぞれ110円。
さっぱりとしたアイスとぱりっと最中の皮が絶妙!

元気を取り戻すと、さらに根津神社へ。
P1010020
幾重にも連なる朱色の鳥居が美しい。
P1010023
敷地内に古い井戸があるようだが、残念なことに非公開だとか。

最後は、千駄木まで足を伸ばす。
P1010026
『あめ細工 吉原』は、日本唯一のあめ細工店舗。
P1010032
お願いすると、その場で実演してあめ細工をつくってくれる。
P1010034
割れないようにプラスチックの容器に入れてお持ち帰り。
P1010127
このようなかわいらしい動物もあめ細工。

ひとつ難点をあげるとすれば、かわいすぎて食べられないことかなぁ(悩)。
P1010130
しっぽおれちゃったね。

お土産の飴に、我が家の猫も興味津々。

谷中銀座や谷中の街並みには猫がいっぱい。

P1010012

そんな優しい街には、古い井戸がよく似合う。

| | コメント (0)